金田一少年の事件簿Neo(ゲストのまっすー)

金田一少年の事件簿

―鬼火島殺人事件3、4話のゲスト出演の増田くん
ドラマの感想でなく増田くんの感想(ネタバレ含む)
ストーリー大事にしてる方には申し訳ない内容です

初っ端から弱っちな感じの椎名真木男
また今回もこの感じ
ゲストキャストでも1番に名前があがり、たくさんの番宣に出ちゃったりして
役所にワクワク、事件ものだしちょっとくらい悪いの期待しちゃってるよね

ちょっといじめられっこ、ちょっとビビリでオドオド
研修、合宿って、ほんと何するんだろ、と思ったらテニスもするのね
(ちょっぴり見たかったテニスシーン、まっすーできなさそ~)

そして、お話始まって半分で椎名真木男驚きの死亡・・・
まっすーがつ、吊られてる・・・(ファンの声)
早よ、下ろしたって~(ファンの声)

ストーリーは進んでいく
のに
吊られてる
早よ、下ろしたって~(ファンの声)

予告でそのシーンは目撃してました
その時から先にこのシーン出しちゃってどうなの?
そこからの(まっすー言ってたけどね、どんでん返し)
どうなる?
まさかのそのまま次回持ち越しって、衝撃過ぎましたね

いや、ファンの声
早よ、下ろしたって~

て、続きになっても吊られてましたよ・・・

ここからは謎解きも本格的に
そしてストーリーも研修医達の悲しい現実に

真木男くんと海老沢くん親友設定(萌え)
とっても仲良しの二人の姿がとっても微笑ましい(そのまま幸せな時間が続けばよかったね)
大好きなお友達を裏切らなければならないほどの序列(憎)
真木男くんが海老沢くんに意地悪するとこうううう、胸が締め付けられる
(ストーリーに入り込んじゃう)
ああ、海老沢くんと楽しそにしてるお顔が恋しい

謎は全て解けた(端折りました)

どどどどどーん

どんでん返し

真木男~

自分で下りとるし!!

(CM前のライター点ける手で犯人わかる←マス担最強)
悪い顔してます、ほんとはいい子なのに
大事な人のために悪になる役を熱演です、増田くん
悪い顔も憎む顔も悲しい顔も全て胸を締め付けられる
ふうううう
泣きのシーンはマス担一緒にもらい泣き(私は泣かないけど)

トリックの謎解きの再現もすばらしい、身体張ったね(嬉)
なんてったて、ロープで自分吊り上げるのあれ、本人増田くんの力技
かっこいいーー(ファンの声)
一部始終悪い顔です

回想シーンは辛かったね
友の復習に自分たちの思い出を使いそれを償いにと
(原作にはもっと細かい心の描写が描かれてるようですね)

はあ、ストーリーとしては海老沢くん回復して椎名くん罪を償ってそれからの二人を見てみたい
元の二人に戻れるサイドストーリーなんぞ頭に思い浮かべたりして
だってね、顔つき合わせてお話考えて夢語り合っててる二人の顔が
とってもかわいくて素敵だったんだもん

話しそれたけど
殺人事件の犯人役と言うハラハラ、ドキドキはあったけれど
演技も安心して見れてよかった

マス担焦がれてた、悪い役(もっとハードなのでもよいけど)見れて満足
そして、欲張り
かわいいまっすーも見たいな
歌ってるまっすーも見たいな

ってね


レジデント(真中) 雑感

レジデント~5人の研修医
最終回を迎えました

出演者の皆さま、関係者の皆さま
お疲れ様でした
毎週とても楽しみな時間でした
ありがとうございました


今回は真中ごとで叫んどきたいこと書いときます(笑)
ストーリー的に真中せんせの苦悩の重き所や恋愛模様は
なんとなくで終わっちゃった・・・
他の研修医のインパクトある過去や出来事に比べると平和な真中病院
そこまで掘り下げるような内容ではなかったんでしょうね
真中せんせはちゃんと周りの事も気遣いながら自分自身も見失う事がなかった


最終回、そうです
前回、矢沢せんせを真中病院に運ぶところで終わりました
期待しますね~
「真中形成外科」

うお~
「潤一坊ちゃん」
やっぱり看護師さんたちからもそう呼ばれてたんだ!!

意識をなくしてる矢沢せんせをテキパキと処置してく姿
おお!!頼もしい
医者の顔です
テレビ画面いっぱいの真剣な表情
男前です!!

出勤前に矢沢せんせに言葉かけ
んん~なんてやさしい表情
あんなに一生懸命、真剣に「ありがとう」言われたら
矢沢せんせも・・・心解かされるよね
病室が何て豪華(矢沢せんせのために豪華な個室用意したんか?)
とっても大病院でした(ほぅ)

事故現場で始めてメスを握って手術する姿!!
(手元は画面差し替えか?)
とうとう最後に見ることができました
外科の先生になるんだもんね
院内に戻ってきて成功してやりきった顔は誇らしい
矢沢せんせにお礼を言われて照れ嬉しそうな顔
(やっと思いが通じたね)←あれ?

一ヵ月後

外科にしずくちゃんと共に配属
しかし恋の行方は
いつか聞いたような言葉
「やさしい人は嫌い?」
「どう言うのがいいの?」
しずくちゃんの気持ちが気になる真中先生
だけどしずくちゃん、知ってかはぐらかしてるのか
つれない言葉
いつか気持ちが伝わると良いね

小児科に配属の矢沢先生がナースペンを!!
こ、これは
もしや真中先生の!!
何やら裏エピソードが気になるではありませんか!!
こんなところに萌えがあるなんて
いや~気持ちが上がりましたよ

最後は医者になったみんなの笑顔が見れてよかった


3ヶ月、あっという間に終わってしまった
毎週増田くんが見られる幸せ
いつの間にかドラマ自体に引き込まれて
途中見るのも痛く苦しくなって
それでも5人の成長を見届けなくてはと真剣に見てました


増田くん演じる真中潤一先生
増田くんの中でも大きな存在だったでしょうね


ちゃらっと書くつもりが・・・
あれやこれやと長くなってしまった(笑)

しずくちゃんとの関係、矢沢先生との関係
人間模様もあれこれ考えるのも楽しかった
ポジション的にホワンとみんなの中に居る存在だったので
安心してみる事はできました
また近いうちにドラマ出演なんかあると嬉しいですね


レジデント 10 最終話

レジデント~5人の研修医
最終話



真中形成外科

矢沢せんせを運び込んだ真中せんせ、陽菜子ちゃんそして紗知ちゃん
助けたい一身で懸命に処置に取り掛かります
真中病院のベテラン看護師が困るといいながらも潤一坊ちゃんの医者としての成長した姿に手伝う事に

気が付いた矢沢せんせは何故自分を助けたのか生きててもしょうがないと
真中せんせが声を荒げます
命の大切さ、命を粗末にした矢沢せんせ
医者としての自覚のなさに腹を立てたのか
自分自身を大切にしなかったことに腹を立てたのか

まだ頑なに自分の存在意義を見出せない矢沢せんせの心を
紗知ちゃんが思いをぶつけます
人は一人じゃ生きていけないけどもう裏切られたくない矢沢せんせに
寄り添って助けていきたいと紗知ちゃん
もう矢沢せんせの心に届いてる


しずくちゃんは皆人くんの事でどうしていいのかわからなくなり
宮島先生に縋ったけど、何とか自分で立ち上がります
退院の日も皆人はしずくちゃんとは口も聞いてくれません

ついつい強がりを言ってしまうしずくちゃん
陽菜子ちゃんと紗知ちゃんに励まされ
ちゃんと向き合おうと決めます


仕事に向かう前に矢沢せんせの病室を訪ねる真中せんせ

自信をなくしてた自分を医者として自覚できたのは
今回の矢沢くんを助けた事で理解できたと
矢沢くんのおかげで医者になれた
「ありがとう」

「医者を続けていいのかな」と言う矢沢せんせに
「医者でいなきゃ、医者でい続けなきゃ」
「いいお医者さんだよ、矢沢くんは」


矢沢せんせが真中せんせに勇気と自信を与え
真中せんせが矢沢せんせの心を溶かし動かしたのならいいライバルになれるのかな



朝の通勤時に青林大近くで地下鉄が大事故を起こします
緊急事態に皆で現場に駈け付けます
現場で事故に巻き込まれた香澄先生や迫田看護師もその場で患者の処置に
香澄先生が腹痛を起こし流産の危険が
研修医だけでは不安だと言ってその場に残ろうとするけど
陽菜子ちゃんが「大丈夫です」と、その目に映る頼もしい姿に安心して
自分は診察を受けることに
テキパキと現場で処置を施す真中先生と陽菜子ちゃん
迫田看護師から笑みがこぼれます

同時に運び込まれてきた緊急手術が必要な親子
人手や手術環境の状況で現時点で親しか手術ができる状態じゃないという宮島先生に
両方助けるとしずくちゃん
宮島先生の過去の悲しい出来事は一人だったから、今は私たちが居ます
5人の研修医が揃います

医者の目をした5人の姿

宮島先生の指示を仰ぎながら母親の同時2箇所の手術をしずく、紗知と真中、矢沢とで進めていきます
真中先生の切開手術シーン
矢沢先生のサポートで成功させます
しずくちゃんの手術の途中先に進めないというトラブルにみまわれるも
宮島先生の的確の指示で落ち着いて進め成功

みんなの顔に安堵の笑顔が

院内に帰ってそれぞれ後処理の中
矢沢先生は真中先生にさりげなく「ありがとう」
その一言で矢沢先生の心がわかって嬉しい真中先生

香澄先生も三月うさぎのマスターと二人三脚で
なんでも話し合ってこれから子育てしていけますね
とっても楽しい香澄家になりそう

矢沢先生のお母さんがまた病院に現れるも
自分自身に自信と自分を一番に見てくれる存在(紗知ちゃん)を手にした矢沢先生はもう動じません
そして母親から生んだ事を後悔していないと聞ききっと今生きてる事に感謝してるはずですね
紗知ちゃんに目配せ、食事の誘いも取り付け
矢沢先生も紗知ちゃんには思った事言えるようになったみたいですね


しずくちゃんも決心します
真中せんせにも皆人くんにあってくるとと伝えてます
いつも影ながら応援してる真中先生

実家の病院で療養中の皆人くん
ちゃんとしずくちゃんがした事の理解もしています
でもどうしても納得するのには時間が要ったんですね
自分は覚悟を決めたと力強く言うしずく
自分よりいつも先を行くしずく
皆人くんにしかわからない心の葛藤
大好きだから仲良しだから
嫉妬や劣等感、そして憧れ
どれも子どもの時から心を苦しめてたんだと
素直に「敵わない」

術後、始めて笑顔を見せた皆人くん

両親もホッとした様子
戻るしずくちゃんに頑張れとお父さんは声をかけます
しずくちゃんの医者としての覚悟と成長に心配ないとエールなんだろね



救急救命での研修日最後の一週間
田淵先生の和やかな終わりの挨拶
相変わらずの女の子と絡みたい、男子二人には出世のために合コンをと
それに素直に頷く矢沢先生に驚く真中先生


宮島先生に「私に決断させてくれてありがとうございます」とお礼をいうしずくちゃん
思った事をぶつけてきた、それを受け止めてきた二人
それぞれが自信をなくしかけてたときそれぞれが投げかけた言葉が心に
しずくちゃんにとって大きな存在だったんでしょうね
研修明けたら宮島先生の下で働きたいと


一ヵ月後

外科に配属されたしずくちゃんと真中先生、二人の関係性はあまり進展はない模様
相変わらずのしずくちゃんのつれない態度
やっぱり気になるしずくちゃんの恋愛事情
お似合いなのに今はまだお友達な二人のようです

産婦人科の紗知ちゃん、内科の陽菜子ちゃんも人の心に寄り添える素敵な先生に

小児科の矢沢先生はぶっきらぼうでも子どもの目線で笑顔で見ることができる優しい先生に
ちょっと腕時計の自慢なんかしたりして(笑)


3ヶ月の救急救命での研修期間
たまたまここで出会った5人
それはそれは大変なことばかりで
でも一緒に乗り越えてきた仲間
別々な道に進む事になるだろうけどよいライバルそして仲間として
この先も続く事を



テーマ : 増田貴久
ジャンル : アイドル・芸能

レジデント 9

どこを取っても辛く悲しい
5人の研修医の笑った顔が見たいです

自分記録としてあらすじに沿って書いてきました
もう後2つ




運び込まれた皆人くん
かなり重度な状態で、しずくちゃんは決断を迫られます
命を助ける
皆人くんの希望の右手の切断を決めます
医者としての辛い思いをして欲しくなくてお父さんは医者を反対していた
しずくの思い悩む姿に声をかける
医者としての覚悟


真中せんせが救った命が、家族の命を消す事態に
それぞれの命の重さに悩む
救わないでいい命なんてないのに
患者さんの息子さんに真中病院で面倒見ろと詰め寄られた真中せんせ
謝ることしかでかなくて、ますます自分の無力さに落ち込みます
食事も喉を通らないくらい悩んでます
(お腹空いてないから…ってか細い声で)
陽菜子ちゃんから檄をもらいます
自殺未遂の奥さんから優しい言葉をかけてもらいます
頑張ってお医者さん続けてと励ましてもくれました
(しずくちゃんも耳にしています)

励まされても根深く落ち込んで悩んでます
皆人くんのことでイライラしていたしずくちゃんは真中せんせに八つ当たりをしたこと謝ります
真中せんせも弱音を吐いてしまいます
(真中せんの恋心らしきものは拾われずに終わっちゃうのかな)


矢沢せんせの母親が執拗に付きまといます
母親の身勝手な言動に過去の記憶が蘇り心がかき乱されます
(余りにも酷い言いように聞いているこちらの心が…)

母親としての愛情をチラリと見せる
それに愛を求めて心を許そうとするとどん底に落とされる
ますます信じることへの不信感が募るばかり

母親のようになりたくないから医者を目指し人生を変えようとした矢沢せんせ
それでも母親の呪縛から逃れられず追い込まれてしまう
行き場のない心を母親と同じように酒の力で消そうとするけど
自分が母親と同じだと打ちのめされる

酒に酔って仕事場に出向いた矢沢せんせ
現場から追い出されて一人でやさぐれてるところに心配した紗知ちゃんは駈け寄ります
心配だからほっとけない、以前救われたから
そして好きだからと告白します
それでも人を信じることのできない矢沢せんせは紗知ちゃんを突き放します
(嬉しくてもどうしていいのか、裏切られたときのこと考えちゃうと自己防衛なんでしょうね、悲しいです)


間違ってはいないと思いながらも自分の無力さと判断に心迷わせ
しずくちゃんはは目を覚まさない皆人くんに付きっ切り
目を覚ましてホッとしたのもつかの間
皆人くんに「しずくの勝手な判断」を責められます
一番聞きたくない言葉を浴びせられます
混乱する皆人くん、現実を受け入れるための覚悟はそう簡単にはできませんよね
「死んだほうがまし」
命を救った事によって苦しませる事になってしまう
皆人くんを一人現実と戦わせることになってしまったことにしずくちゃんは苦悩します

宮島先生にやり場のない自分の気持ちをぶつけます
辛く苦しいのはせんせいのせいだと
始めて人前で弱音を吐いて泣きじゃくるしずくちゃん
宮島先生もそんなしずくちゃんにただ黙って寄り添います



もう自分で心をコントロールできなくなってしまった矢沢せんせは
どうしようもなくなって紗知ちゃんに助けを求めます
部屋に駈け付けた紗知ちゃんがそこで見たのは
倒れた矢沢せんせと飲み散らかした酒と薬
慌てて助けを呼びます
飛んできた真中せんせと陽菜子ちゃん
救急車を呼ぼうとするけど事態がバレると医者生命が絶たれる
矢沢せんせの全てがなくなると自分たちだけで何とかしたい
紗知ちゃんの矢沢せんせを思う必死な心に真中せんせは自分ちの病院に連れて行くことに
(紗知ちゃんの思いの深さに心動かされた二人、医者である前に人として、そして医者としてできること)


自信と希望をなくしかけた5人の研修医


次回、最終回

「医者」になれるのだろうか


テーマ : 増田貴久
ジャンル : アイドル・芸能

レジデント 8

愛し方、愛され方

愛さなければ、愛されない

愛されたければ
愛するのです




しずくちゃんと皆人くん二人で連れ立ってお父さんに会いに
皆人くん自分の思いを伝えます
まだ突っぱね返されるだけだけど今の皆人くんなら何度でもお父さんと向かい合えそうです
まだ認めてもらえてないと言うしずくちゃんに覚悟があるのかと気づかせます


運び込まれた男性患者
倒れた原因の容態は2、3日で退院できるものだったが悪性の腫瘍が見つかる
手術をしても車椅子生活になるくらいの後遺症が残ると
患者、新井さんの奥さんは宮島先生の元奥さん
手術を受けると周りに迷惑かける、とくに妻に
彼女を幸せにしたくて結婚したのにこんな事になるなんてと
悔しさを元夫だと分かって宮島先生に話しをする新井さん



香澄班が受け持つ意識をなくした高齢の男性
処置を施したが意識はもう戻らない
寝たきりの父親を面倒見切れない息子と介護も大変な奥さん
「こんな事になるくらいなら死んでくれたほうが良かった」
酷い言葉だけど決して命を粗末にした言葉ではないんです
命を救うだけでない、患者の生死とその家族のこれから
医者と言う仕事の重さが分かってなかったと話す真中せんせ
医者と患者とその家族
繋いだ命、死と向き合う覚悟


突然、矢沢せんせの前に現れた女性
矢沢せんせの診察を受けに来たけど、矢沢せんせ逃げるように診察室を出て行きます
紗知ちゃんが対応しますが、患者じゃなくて立派になった息子を見に来た様子
連絡先を受け取った矢沢せんせ
捨てられたと言う過去を、母を許す事はできそうにない


手術を受けないと言い張る新井さん
妻に負担をかけたくない、自分自身にもプライドもあるのでしょうね
宮島先生がどうしても説得しきれない
笑顔が守れる医者になりたいと言うしずくの言葉に笑顔の守り方が分からないと

頑なに手術を受けないと言う夫を説得してくれと宮島先生に頼む奥さん
乗り越える覚悟がある、あなたとできなかったこと二人で受け止めて乗り越えていくと
奥さんの迷よいのない言葉
しずくちゃんも奥さんの強さを感じて分かってないのは新井さんと宮島先生だと


矢沢せんせの時計がないのが気になってた紗知ちゃん
プレゼントしようと探します
好きを全身で言ってるのに認めようとしません

何だかんだ言われても母親の事が気になる矢沢せんせ
連絡とって会うことに
母は立派になったと喜びながら心を開きかけた息子をどん底に落とす言葉を
今日が何の日かも覚えてない母を信じた自分を責める矢沢せんせ
・・・痛い
そこに紗知ちゃんからの呼び出しでプレゼントを受け取る
「今日、誕生日だったでしょ」
人の愛をどう受け止めたらいいのか分からない
どう信用していいのか分からない
思わず、紗知ちゃんを抱きしめ本音をもらしそうに
でも愛される事に怖くなったのか
コレが望みかとばかりに唇を奪います
当然のこと、紗知ちゃんは傷つき怒って去っていきます
矢沢せんせも紗知ちゃん気持ちよくわかってるのに愛する事も怖い


ただ、救命救急の医者として命を救うと言う意味に悩み始める真中せんせ
命を救う医者と言う自分の進む道に希望を持っていただけにかなりへこんでます
陽菜子ちゃんが宮島先生の言葉を思い出します
「患者に肩入れするな」
患者のためだけでなく医者のためを思っての言葉じゃないかと
真中せんせの心にちょっと引っかかった


新井さんの退院だと聞き手術の同意書を手渡す宮島先生
奥さんと別れたときに自分は医者であり続ける
どんな思いをしても命を救う事に徹しようと

生きて奥さんを幸せにしてください
自分ができなかったこと
あなたならそれができる
その言葉に新井さんは覚悟したようです

彼女のために生きます



香澄先生にも幸せが



研修医達には試練が

真中せんせ達が救った命で悩んだ家族の苦悩の行く末
矢沢せんせの目の前に現れ追い込む母親
しずくちゃんの目の前には意識をなくして運び込まれる皆人くん



予告で研修医の皆さんかなり追い込まれてるようです
ん?んん?
あら、真中せんせとしずくちゃんの恋愛フラグ下りちゃいましたか(泣)

いよいよクライマックスが近づいてくる!!


テーマ : 増田貴久
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

きみどり

Author:きみどり
兵庫県在住
布手作り、キルト、インテリア、雑貨屋巡り大好き
そしてNEWSの増田くん大好き、2008年に突然堕ちる
何してもどんな表情も「かわいいVV」
NEWSのためならえんやこりゃ
特に増田くんを熱く語りトキメキ爆走中!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

WELCOME
検索フォーム
リンク
QRコード
QR